電話代行サービスの注意点 - 電話代行のサービス内容

電話代行サービスの注意点

subpage1

電話代行サービスは、企業の立ち上げ時期など、人手が絶対的に不足しているような時期にはなくてはならないサービスの一つですが、どんな利用の仕方をしていてもよいわけではありません。

下手な電話代行サービスの使い方をすれば、それこそ機械的な留守番電話サービスのほうがまだましだったということにもなりかねないからです。電話代行サービスでは、基本的に電話に応対する人はサービス会社の人間として応対する訳ではありません。


あたかもその企業の人間であるかのように応対します。
言い換えれば、電話をかけてきたお客さんにとっては、その企業の人であるとしか思えないようになっているわけです。



これは諸刃の剣だということが分かるでしょう。



いつでもその企業の人に電話がつながることで信用力のアップも期待できますし、何か商品の注文があっても的確に受注することもできるでしょう。多少のトラブルや苦情程度であれば応対できるかもしれません。

東京新聞の知りたかった情報がきっと見つかります。

しかし、応対するのは人間とはいえ、あくまでもそれはマニュアルどおりの応対しかできないということを肝に銘じておく必要があります。


臨機応変な対応はできないというか、そもそもそういうことを期待してこのサービスを利用してはいけません。

どこまでの応対をするのか、どこからは自分では応対せず全て後から担当者が電話をかけ直すというのかという線引きをはっきりさせておかなければ、かえって大きなトラブルを引き起こすことになるかもしれないのです。